【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【Mickey's House of Villains編】
 ハッピー・ハロウィーン!!
まで、あともう少しということで、今回は続編ではありませんが、
ディズニーアニメのハロウィーンにピッタリな曲をご紹介したいと思います。


【Mickey's House of Mouse 〜ミッキーの悪いやつには負けないぞ!〜】

歌曲は1曲。
■It's Our House Now(悪役の館)

ハウス・オブ・マウスを乗っ取ろうと、名悪役達が集結して歌い上げます。
ジャファー、クルエラ、アースラ、ハートの女王、マレフィセントなどなど
各キャラクターにパートが振り分けられていて
楽しくも豪華な曲です。

「ハウス・オブ・マウス」のオリジナル楽曲はビッグバンドやロカビリーが多いので
これも同じようにスウィングジャズなアレンジになっていますが、
メロディーが怪しい雰囲気を漂わせているので、
ノリは良いのに、ちょっぴり怖い曲になっています。

いつかパークでも使ってくれないかなぁと思っているのですが…
どうでしょうか?偉い方々。
続編アニメ曲紹介
Comments*0 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【トイ・ストーリー2編】
 今回は、ピクサー/ディズニー作品で初めての続編モノ「トイ・ストーリー2」よりご紹介を。
続編の中でもメジャーな作品なので紹介する必要がないかもしれませんが
一応続きものということで、お付き合い下さいませ。


【Toy Story 2 An Original Soundtrack】

歌曲は全部で3曲。
■Woody's Roundup
■When She Loved Me
■You've Got a Friend in Me (Wheezy's Version)


Woody's Roundupは、インスト版が東京ディズニーランドのエントランスのBGMとして使われていますので、聞いたことがある方も多いかと思いますが、一番聴いてほしいのはWhen She Loved Me
ジェシーの辛く悲しい気持ちを歌ったバラードです。
曲だけでも泣けますが、映像と合わせるともう立てなくなりますw
名曲ですね。

もしも知らないという方がいらしたら、是非聴いてみて下さい。
続編アニメ曲紹介
Comments*0 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【ティガームービー編】
  今回は、続編というとちょっと違うと思いますが、
くまのプーさんのシリーズから、「ティガームービー 〜プーさんの贈りもの」の楽曲をご紹介します。


【The Tigger Movie Original Soundtrack】


歌曲は全部で7曲。
■The Wonderful Thing About Tiggers(ワンダフル・シング・アバウト・ティガー)
■Someone Like Me(サムワン・ライク・ミー)
■Whoop-de-Dooper Bounce(ウープ・ディー・ドゥーパー)
■Pooh's Lallabee(ララビー)
■Round My Family Tree(俺の家族)
■How to Be a Tigger(ハウ・トゥー・ビー・ア・ティガー)

そして、EDクレジットで流れる
■Your Heart Will Lead You Home


ストーリーが切なくも心温まるお話なのですが、
歌曲は明るいものが多く楽しいです。

唯一Whoop-de-Dooper Bounceは、
現在ディズニーランド・パリで開催されている
「ミッキーのマジカルパーティー」のショーの中でも使用されています。
たしか、他の海外のダンス系ショーかパレードでも使用されていた気がします。
ノリ易いリズムなので、パークイベント向けなのでしょうね。

そして、この中で一番オススメかつ聴いて欲しいのが、EDで流れる
Kenny Logginsが歌うYour Heart Will Lead You Homeです。
パーク好きの方なら分かると思いますが、
現在東京ディズニーランドで開催中の「ジュビレーション!」でも、メインテーマの一部として使用されています。
パークではかなりアレンジされて使用されていますが、
元はアコースティックバラードの素敵な一曲。
ティガームービーのテーマでもある「一人ぼっちだと感じ寂しくなっても、周りには友達がいる」と歌います。


本編も、涙腺が緩いと泣けますので、サントラと合わせてどうぞ(笑)
続編アニメ曲紹介
Comments*0 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【ターザン&ジェーン編】
 実は月木の週2回更新を目指してるこのコーナーも5回目となりました。
いつものサボり癖が出ないよう頑張りたいと思いますが、今回は簡単に終わるものを。

「ターザン&ジェーン」は、2人が結婚して一周年という話がベースにあるのですが、
過去の思い出話のような短編集が主になっています。

 
【Tarzan & Jane】

こちらはサントラが存在しないのでDVDにリンクを張っています。

そして歌曲は、たったの1曲。
■The Song of Life

ですが、この一曲がとても良いので、本編の酷さがカバーできてますw
歌うのはMandy Moore。
本編では一番最後の一周年記念パーティーの中で流れ、
そのままエンドクレジットでフルバージョンが流れます。

残念ながら、本人のアルバムなどにも収録されていなく
CD化はされていません。
好きな一曲なので、いつかCD化してくれると良いのですが…。


本編は見なくて大丈夫ですw
続編アニメ曲紹介
Comments*0 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【きつねと猟犬2編】
  4回目となる今回は、これまた前作も見たことない人が多そうな作品、「きつねと猟犬2 -トッドとコッパーの大冒険-」からの楽曲をご紹介します。

「きつねと猟犬」では主人公の狐のトッドと、猟犬のコッパーの出会いから始まり、大人になるまでの姿を描く、少し切ないお話でした。
この続編では、その後の話ではなく、前作の物語の中間部分が描かれていますが、前作の切ない雰囲気などは無く、愉快な作品に仕上がっています。


【The Fox and the Hound 2】


歌曲は全部で7曲。
■Friends for Life(世界で一番の友だち)
■We're in Harmony(すてきなハーモニー)
■Hound Dude(めざすはビッグスター)
■Good Doggie, No Bone!(ディキシーにうっとり)
■Blue Beyond(世界の果てまで)
■We Go Together(ぼくたちは仲間)

そしてEDテーマの
■You Know I Will

初めに。このサントラ、本編を見ていなくても、カントリー・ブルーグラスが好きならばオススメします。
それぐらい好きだし、もっと評価されて欲しい一枚。
自分としては外し曲が無いとも思っています。

シンギン・ストレイズという犬達のバンドの歌がほとんどなのですが
どの楽曲もハモりが気持ち良く楽しい曲ばかり。
その中で一曲、Trisha Tearwoodが歌う「Blue Beyond」という少し切ない曲があるのですが
これもまた美しい曲で、是非聴いていただきたいです。

EDテーマの「You Know I Will」を歌うのは、ハイスクール・ミュージカルでライアンを演じたLucas Grabeel。本編の使用曲と同じように、ノリの良いフォークロックです。

また、このサントラには収録されていないスコア曲が、楽曲の指揮を担当したJoel McNeelyのサイトでDLできます。
ブルーグラス大好きなのでこれは嬉しい。

サントラが出ているのはUSのみ。勿論日本語での収録はありません。


アニメ自体は、これだけ見れば「ディズニーらしいな」という感じで良いのですが、
前作があまりハッピーエンドというような話では無かったので
そのイメージを持っているとどうも…。愉快過ぎるなという印象が。
ああいう作品では売れないっていう時代の変化ですかね。
じゃあなんで続編作った?って話ですけど。
続編アニメ曲紹介
Comments*0 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【ラマになった王様2編】
  さて、今回ご紹介するのは、前作すら見たことない人が多そうなこのアニメ。

「ラマになった王様2 〜クロンクのノリノリ大作戦〜」

ひっどいサブタイが付けられてしまっていますね。
英題だと「The Emperor's New Groove 2 -Kronk's New Groove-」です。

「ラマになった王様」の後の話ではありますが、
前作の主人公クスコはほとんど登場せず、悪役?として登場していたクロンクが
主人公となって話が展開します。
なので、2というよりは番外編。


【The Emperor's New Groove 2: Kronk's New Groove】

こちらはサントラが存在しないのでDVDにリンクを張っています。

歌曲は全部で3曲。
■Be True to Your Groove(クロンクは人気者)
■Feel Like a Million(イズマの野望ソング)
■Camp Chippamunka(シマリス・スカウトのマーチ)

オープニングナンバーのBe True to Your Grooveは、
ヘラクレスの「The Gospel Truth」のようなソウルフルな女性ボーカルのディスコ曲。
声が似てるなと思ったら、日本語版はヘラクレスのミューズ役の一人
柴田穂積さんがリードボーカルでした。

(一応)悪役のイズマが歌うFeel Like a Million
スウィングジャズなノリかと思えば、急にラグタイムに変わったりと楽しい一曲。
エンドクレジットでは、哀愁たっぷりに始まる別バージョンも聴けます。

歌ものは少ないですが、インストの曲も含めてノリの良い曲が好きなので
サントラが出ていないのが非常に残念です。
と言っても、そんなに曲数は無いからCDが出ないのも当然なのかなという感じも。


全編を通して、くだらない、お下品な”おふざけ映画”なこの作品。
じじいの裸や、ばばあの無駄毛など、ディズニー映画にしてはなかなか強烈です。
ツッコミどころも多く、他のディズニーネタなども織り交ぜられています。
何も考えずに見るのが一番かと。
前作は見てても見てなくてもどっちでもいけるかと。
当然見てた方がより楽しめますが。
続編アニメ曲紹介
Comments*0 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【ライオンキングII編】
  前回の「リトル・マーメイドII編」に続き、今回は「ライオンキングII」の楽曲をご紹介します。

「ライオンキング」のその後の話。
エンディングでシンバとナラの間に産まれたメスライオンのキアラと、
スカーの子(実子ではないが)であるコブを中心としたお話でした。


【The Lion King 2 -Simba's Pride-】

歌曲は全部で6曲。
■He Lives in You(ヒー・リヴス・イン・ユー)
■We are One(私たちはひとつ)
■My Lullaby(ララバイ)
■Upendi(ユペンディ)
■One of Us(よそ者)
■Love Will Find a Way(愛の導き)


オープニング曲のHe Lives in Youは、舞台版でも使用されていますので
聴いたことがある方は多いかと思います。
日本語では松崎しげるが、英語ではLebo M.が歌っています。

個人的に好きな曲、1曲目はWe are One
好きなように生きていきたいというキアラに対し、
家族の大切さ、私たちはひとつということを歌った曲です。

個人的に好きな曲、2曲目はUpendi
キアラとコブをくっつけようと、ラフィキが歌う曲。
前作の「I Just Can't Wait to Be King」のような楽しい曲なのですが
アニメ本編では急に変な展開になるので、このシーンはあまり好きじゃないです。
勿体無いという印象。

そして最後に好きな曲が、Love Will Find a Way
恋に落ちたキアラとコブが互いの気持ちを確かめ合う、感動的なデュエットバラードです。
End TitleではKenny Lattimore, Heather Headleyが歌い上げ
こちらも素敵なアレンジに仕上がっています。
この曲、マイナーながらも、Disney on CLASSIC 2007では
青木高志、辻本憲一によるヴァイオリン、フリューゲルホルンのデュエットで演奏されました。
以前にリクエストをしていたので、選曲された時にとても嬉しかったのを覚えています。

サントラは英語版のみ発売されています。
上のリンクも英語版のサントラになりますのでご注意を。


本編については、家族愛などがテーマにある中で、残酷なシーンや暗い歌(My Lullaby, One of Us)
があり、子供向けとして考えると「どうなの?」という感じでもありますが(まあ、前作もそうでしたが)
全体的に見て嫌いではない作品です。ティモンとプンバァも相変わらずですしw
続編アニメ曲紹介
Comments*1 / Trackbacks*0
【続編アニメ曲】 実は名曲多いんですよ。【リトル・マーメイドII編】
  ディズニーアニメの続編と言えば、駄作ばかり、もとい、内容がちょっとアレなのが多いですが、主題歌や挿入歌だけ取ってみると、実は良い曲が多かったりします。「続編なんか絶対見ない」という方も多いかとは思いますが、ディズニーミュージックが好きならば、一回は見る。というよりも、聞いてみると良いかもしれません。意外な出会いがあるかもしれませんよ?

というわけで、これから続く限り、”ディズニーアニメの続編”の曲にスポットを当てて、ご紹介していこうと思います。

まず今回ご紹介するのは「リトル・マーメイドII」
アリエルとエリックの間に産まれた一人娘、メロディが主人公のお話でした。


【The Little Mermaid II -Return to the Sea-】

歌曲は全部で4曲。
■Down to the Sea(なつかしい海へ)
■Tip & Dash(ティップとダッシュ)
■For a Moment(海のメロディ)
■Here on the Land and Sea (陸と海で)


個人的に気に入ってるのが、For a Momentという曲。
メロディとアリエルのそれぞれの想いが交差する曲なのですが
最後の互いに異なる歌詞でハモる部分がゾクッときます。
メロディーも綺麗で好きです。

そして、オープニングとフィナーレで歌われる
Here on the Land and Seaという曲。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
TDSで2003年に開催されていた「アリエルのシーサイドトレージャー」で使用されていました。
日本のパークで、続編アニメの曲が使用されることは、かなり珍しいことなので驚きました。
明るく楽しいラテン曲です。

日本盤には英語、日本語両方で収録されています。
続編アニメのサントラは基本的に(特に最近は)国内では発売されないので、嬉しい限り。


本編に関してコメントするとすれば、マチャミの声優っぷりを楽しむものだと思って見れば楽しいですw
あと、大人になったフランダーなど、フランダー好きならチェックしておきましょう@

機会がありましたら一度ご覧になってみて下さい。
続編アニメ曲紹介
Comments*3 / Trackbacks*0
1/1PAGES
InternetExplorer Only